大阪聖アンデレ教会

礼拝堂建替えのお知らせ」

 このたび、桃山学院大学の新学科新設に伴い、当教会の現存地に学舎が建設され、その建物の1階に教会・集会室を移設することになりました。2020年8月完成予定です。 現礼拝堂は、第2室戸台風で大破した木造の礼拝堂を1964年に建替えて、主教小池俊男師父によって聖別されました。以後、小礼拝堂の増築、1990年のリフォームを経て現在に至っています。

約50年に亘り、多くの祈りが献げられてまいりました礼拝堂の聖別解消の礼拝は、2018年9月23日(日)10時半からの主日礼拝に引き続き、主教磯晴久師父により執り行われます。 なお、工事期間中の大阪聖アンデレ教会としての礼拝については、10月7日(日)より、地下鉄昭和町駅(ライフの南筋)を東へ約6分の「一桃ビル」6階ホールを使用します。(阿倍野区文の里4丁目21-30)で続けて行いますので、ぜひお立ち寄りください(平日は閉まっています)。

仮礼拝堂所在地はこちら↓